Version: 2021.1
Unity CCD Develop Dashboard
Unity IAP

コマンドラインインターフェースによるCCDの使用

このセクションでは、コマンドラインインターフェース(CLI)を使ったクラウドコンテンツデリバリー(CCD)の使用方法の全例を、以下のトピックを含めて紹介します。

認証

APIキーを使ってサービスにログインします。APIキーの見つけ方がわからない場合は、Getting started のセクションを参照してください。

$ ucd auth login XXXXXXXXXXXX
ログインに成功しました。

auth info コマンドでログインしているかどうかを確認します。

ucd認証情報
現在のユーザージョースミス

バケットの作成

最初のバケットを作成します。バケットは1つのプロジェクトに関連付けられています。この例のプロジェクトIDは e1942cea-12df-4220-aa6d-f8c9c3ab7526 ですが、実際のプロジェクトIDを使う必要があります。しかし、実際のプロジェクトIDのいずれかを使用する必要があります。プロジェクトIDの見つけ方については、Getting started のセクションを参照してください。

このプロジェクトのバケット(この時点では空になっているはず)をリストアップします。

$ ucd バケツリスト e1942cea-12df-4220-aa6d-f8c9c3ab7526
プロジェクトに該当するバケットは見つかりませんでした。

example_bucket というバケットを今回のプロジェクトのために作成します。

$ ucd buckets create e1942cea-12df-4220-aa6d-f8c9c3ab7526 example_bucket
作成したバケット:example_バケット (aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf)

バケット名とエントリー名は大文字と小文字を区別します。

新しく作成されたバケットを確認するには、このプロジェクトのバケットを再度リストアップします。

$ ucd buckets list e1942cea-12df-4220-aa6d-f8c9c3ab7526
Buckets for project (e1942cea-12df-4220-aa6d-f8c9c3ab7526):
- example_bucket (aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf)

エントリやリリースの作成作業を容易にするために、新しく作成したバケットをローカルの設定に保存します(操作のたびにCLIのパラメータとして提供しないようにします)。上記のバケット作成メッセージからバケットのGUID(名前ではありません)をコピーします(aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf この例では )。

$ ucd config set bucket aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf
Successfully switched to bucket aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf.
Currently active project: e1942cea-12df-4220-aa6d-f8c9c3ab7526.
Currently active bucket: aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf (example_bucket).

CCDは、指定したバケットのエントリーやリリースに関するコマンドを自動的に実行します。

バケットにエントリーを作成する

新たに作成されたバケツの中のエントリをリストアップします(空である必要があります)。

$ ucd エントリーリスト
現在のバケツではエントリーが見つかりません。

生成されたAssetBundleを含むローカルフォルダー内のすべてのファイルを同期します。

$ ucd entries sync ./ServerData/StandaloneOSX
Calculating...
Added Entry: catalog_2019.07.30.18.24.34.hash
Added Entry: catalog_2019.07.30.18.24.34.json
Added Entry: remotedemodata_green.bundle
Added Entry: remotedemodata_mat1.bundle
Added Entry: remotedemodata_sphere.bundle
Added Entry: remotedemodata_unitylogo.bundle
Added Entry: remotedemodata_unitylogoprefab.bundle
Added Entry: remotedemodata_scenes_scene2.bundle
Added Entry: remotedemodata_scenes_scene.bundle
Added Entry: spaceshooterdata_done_asteroid01.bundle
Added Entry: spaceshooterdata_done_asteroid02.bundle
Added Entry: spaceshooterdata_done_asteroid03.bundle
Added Entry: spaceshooterdata_done_bolt-enemy.bundle
Added Entry: spaceshooterdata_done_bolt.bundle
Added Entry: spaceshooterdata_done_enemyship.bundle
Added Entry: spaceshooterdata_done_player.bundle
Added Entry: spaceshooterdata_engines_enemy.bundle
Added Entry: spaceshooterdata_engines_player.bundle
Added Entry: spaceshooterdata_explosion_asteroid.bundle
Added Entry: spaceshooterdata_explosion_enemy.bundle
Added Entry: spaceshooterdata_explosion_player.bundle
Added Entry: spaceshooterdata_starfield.bundle
Complete! Bytes uploaded: 5346781

これにより、ファイルがバケツにエントリとして追加されます。バケツの中身を一覧したり、各エントリの基本情報を見ることができます。

$ ucd entries list
22 entries for current bucket (aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf):
2019-08-21 14:27:03       167915 spaceshooterdata_starfield.bundle
2019-08-21 14:27:00       573539 spaceshooterdata_explosion_player.bundle
2019-08-21 14:26:56       412235 spaceshooterdata_explosion_enemy.bundle
2019-08-21 14:26:52       382630 spaceshooterdata_explosion_asteroid.bundle
2019-08-21 14:26:49       177018 spaceshooterdata_engines_player.bundle
2019-08-21 14:26:45       157215 spaceshooterdata_engines_enemy.bundle
2019-08-21 14:26:42      1085518 spaceshooterdata_done_player.bundle
2019-08-21 14:26:38      1070297 spaceshooterdata_done_enemyship.bundle
2019-08-21 14:26:34        27178 spaceshooterdata_done_bolt.bundle
2019-08-21 14:26:31        28362 spaceshooterdata_done_bolt-enemy.bundle
2019-08-21 14:26:28       231658 spaceshooterdata_done_asteroid03.bundle
2019-08-21 14:26:24       221450 spaceshooterdata_done_asteroid02.bundle
2019-08-21 14:26:20       227842 spaceshooterdata_done_asteroid01.bundle
2019-08-21 14:26:17        23016 remotedemodata_scenes_scene.bundle
2019-08-21 14:26:13        23064 remotedemodata_scenes_scene2.bundle
2019-08-21 14:26:10        10568 remotedemodata_unitylogoprefab.bundle
2019-08-21 14:26:07       462522 remotedemodata_unitylogo.bundle
2019-08-21 14:26:03         7864 remotedemodata_sphere.bundle
2019-08-21 14:26:00         6320 remotedemodata_mat1.bundle
2019-08-21 14:25:57         6320 remotedemodata_green.bundle
2019-08-21 14:25:53        44218 catalog_2019.07.30.18.24.34.json
2019-08-21 14:25:50           32 catalog_2019.07.30.18.24.34.hash

特定のエントリーの詳細情報を得るには、 entries info コマンドにエントリーのパスを指定してください。

$ ucd entries info spaceshooterdata_starfield.bundle`

Entry Info:
Path: spaceshooterdata_starfield.bundle
Id: 8ac46783-be01-4a47-b23e-74233fc7cc09
Last Modified: 2019-08-21 14:27:03
  Content Size: 167915
  Content Hash: 4a3ad5b69bd489699d1909e8868a7cb1
  Content Type: application/octet-stream
  Content Link: …
  Labels:
  Metadata:
  Current Version: aa0304db-fd9f-4772-9549-dfeb44cc6d6f

ゲームクライアントは、エントリーに関連付けられたパスを使って、バケット内の個々のファイルのコンテンツをリクエストできるようになりました。ゲームクライアントのリクエストはすべて、 <プロジェクト_guid>.client-api.unity3dusercontent.com のプロジェクト固有のサブドメインに行います。URLはすべて、リクエストパスが/client_api/v1/で始まっています。これらのクライアントリクエストはいずれも認証を必要としません。

spaceshooterdata_starfield.bundle のように、エントリの内容をパスごとに取得するには、エンターキーを押します。

https://<プロジェクト_guid>.client-api.unity3dusercontent.com/client_api/v1/buckets/aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf/entry_by_path/content/?path=spaceshooterdata_starfield.bundle

また、エントリーIDでエントリーの内容を取得するには、Enter:

https://<プロジェクト_guid>.client-api.unity3dusercontent.com/client_api/v1/buckets/aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf/entries/8ac46783-be01-4a47-b23e-74233fc7cc09/content/になります。

リリースの作成

今のエントリーの状態からリリースを作る。

$ ucd releases create
Created release (#1) in bucket (aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf).
  Id: 80653663-eb39-45e7-9323-e34b23df0d75
  Created: 2019-08-21 14:27:30
  ...

これにより、後にそれらのエントリーを更新または削除した場合でも、コンテンツを要求する際にこれらのエントリーの正確なバージョンを使用することができます。

リリースの詳細情報を取得するには、 releases info コマンドを使用し、作成したばかりのリリースのIDを指定します。

$ ucd releases info 80653663-eb39-45e7-9323-e34b23df0d75

Release #1:
  Id: 80653663-eb39-45e7-9323-e34b23df0d75
  Created: 2019-08-21 14:27:30
  Content Size: 123456
  Content Hash: b62343cb3582a7de1286dd3cf23c3592
  Notes:
  Metadata: 
  Entries:
  - remotedemodata_scenes_scene2.bundle  (version: d7c69bc0-5c0b-4625-8a7d-94a4972aa236)
  - remotedemodata_unitylogo.bundle  (version: 97d3659f-0b74-403a-be67-02641ce2dc91)
  - spaceshooterdata_done_enemyship.bundle  (version: edcedc81-80b6-4006-9732-0444898fcffa)
  - remotedemodata_unitylogoprefab.bundle  (version: 4edfa2be-7fae-44c9-bb45-f601cc1130db)
  - spaceshooterdata_done_bolt-enemy.bundle  (version: ef36bfa8-8b24-4b81-a329-b3fad0a0939b)
  ...

このバケツに生成したすべてのリリースのリストを取得するには、次のように入力します。

$ ucd releases list
Releases for current bucket (aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf): 
  2019-08-21 14:27:30  #1 (80653663-eb39-45e7-9323-e34b23df0d75)

このリリースに含まれるコンテンツを直接参照できるようになりました。これにより、バケツの中でエントリーを変更した場合でも、CCDがリリースを生成する際に使用したコンテンツのセットを確実に得ることができます。

spaceshooterdata_starfield.bundle のように、エントリの内容をパスごとに取得するには、エンターキーを押します。

https://<プロジェクト_guid>.client-api.unity3dusercontent.com/client_api/v1/buckets/aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf/releases/80653663-eb39-45e7-9323-e34b23df0d75/entry_by_path/content/?path=spaceshooterdata_starfield.bundle

また、エントリーIDでエントリーの内容を取得するには、Enter:

https://<project_guid>.client-api.unity3dusercontent.com/client_api/v1/buckets/aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf/releases/80653663-eb39-45e7-9323-e34b23df0d75/entries/8ac46783-be01-4a47-b23e-74233fc7cc09/content/

また、バケット内の最新リリースに対応したコンテンツをリクエストすることもできます。そのため、CCDが新しいリリースを生成するたびに、クライアントが変更する必要はありません。そのためには、 release_by_badge ルートを使うようにリクエストを更新し、 latest のバッジ名を指定します(Managing badges 参照)。例えば、以下のようになります。

https://<プロジェクト_guid>.client-api.unity3dusercontent.com/client_api/v1/buckets/aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf/release_by_badge/latest/entry_by_path/content/?path=spaceshooterdata_starfield.bundle

バッジの管理

リリースを作成した後、そのリリースを一意に識別するバッジを適用することができます。バッジは、バケット内の1つのリリースのみを指すことができますが、リリース間でバッジを移動させることができます。実行時には、特定のリリースIDではなくバッジ名を使ってコンテンツを照会できるため、ワークフローの柔軟性が向上します。

例えば、 qa_latest というバッジをQAチームが使用するために最新のリリースに適用し、そのバッジをプロセス(手動または自動)の一部として各新しいリリースに移動させることができます。

my_first_badge という名前のバッジをCreating a release で生成したリリースに追加するには、次のように入力します。

$ ucd badges add my_first_badge 80653663-eb39-45e7-9323-e34b23df0d75
リリース(80653663-eb39-45e7-9323-e34b23df0d75)にバッジ「my_first_badge」を追加しました。

このバケツで適用したすべてのバッジを一覧表示する。

$ ucd badges list
Badges for current bucket (aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf): 
  2020-01-07 12:55:41  my_first_badge  (80653663-eb39-45e7-9323-e34b23df0d75)

バッジが参照しているリリースに関連するコンテンツをダウンロードできるようになります。エントリーIDで直接コンテンツをダウンロードするのと同様の方法で行うことができます。

spaceshooterdata_starfield.bundle のように、エントリのコンテンツをパスごとに取得するには、エンターキーを押します。

https://<プロジェクト_guid>.client-api.unity3dusercontent.com/client_api/v1/buckets/aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf/release_by_badge/my_first_badge/entry_by_path/content/?path=spaceshooterdata_starfield.bundle

また、エントリーIDでエントリーの内容を取得するには、Enter:

https://<プロジェクト_guid>.client-api.unity3dusercontent.com/client_api/v1/buckets/aee9ee5f-fa01-46d3-a293-731d15f066cf/release_by_badge/my_first_badge/entries/8ac46783-be01-4a47-b23e-74233fc7cc09/content/

Unity CCD Develop Dashboard
Unity IAP
Copyright © 2020 Unity Technologies
优美缔软件(上海)有限公司 版权所有
"Unity"、Unity 徽标及其他 Unity 商标是 Unity Technologies 或其附属机构在美国及其他地区的商标或注册商标。其他名称或品牌是其各自所有者的商标。
公安部备案号:
31010902002961