Version: 2021.3
スコープ付きレジストリ認証
Package Manager ウィンドウ

Customizing the shared cache locations

By default, the Package Manager uses the following folder structure for its caches:

<global-cache-root>
  ├── npm
  │   └── <registry data (package metadata and tarballs)>
  ├── packages
  │   └── <uncompressed contents of package tarballs>
  └── git-lfs (if enabled)
       └── <downloaded Git LFS files>

Package Manager のグローバルのキャッシュルートのデフォルトの場所を上書きするには、ユーザーコンフィギュレーションファイルcacheRoot プロパティを使用するか、UPM_CACHE_ROOT 環境変数 を設定します。

Note: For macOS and Linux systems, consider using the configuration file strategy for macOS and Linux systems, because it can be hard to launch Unity with environment variables on those systems.

You can also set environment variables to override the registry data cache, the uncompressed packages cache, and the Git LFS cache. However, environment values and configuration file properties are not equivalent, so using different methods to configure settings can produce unexpected results.

There are many factors affecting how setting several values with different methods works together:

  • UPM_CACHE_ROOT 環境変数と cacheRoot プロパティの両方でグローバルキャッシュルートに異なる値を設定する場合、Package Manager は UPM_CACHE_ROOT 環境変数の場所を使用します。
  • If you set an environment variable for the registry data cache (UPM_NPM_CACHE_PATH), the uncompressed packages cache (UPM_CACHE_PATH), or the Git LFS cache (UPM_GIT_LFS_CACHE_PATH), Package Manager uses the location specified by the environment variable, regardless of where the global cache root is.
  • ユーザーコンフィギュレーションファイルを使用すると、変更は現在のユーザーアカウントに適用されます。
  • パス (UPM_GIT_LFS_CACHE_PATH) を明示的に設定せずに Git LFS キャッシュ (UPM_ENABLE_GIT_LFS_CACHE) を有効にすると、Package Manager は、グローバルキャッシュルートの下にある git-lfs フォルダーをその場所として使用します。

Using a configuration file

以下の手順で、グローバルのキャッシュルート の場所を上書きしてください。

  1. Locate the .upmconfig.toml user configuration file. To find the file location, see Configuration files. If the file doesn’t exist, create an empty text file.

  2. cacheRoot プロパティに絶対パスでカスタムの場所を設定します。以下はその例です。

    cacheRoot = "/dev/external/shared/Unity/cache"
    

cacheRoot プロパティを更新した後に、それを有効にするために Unity エディターや Hub を再起動する必要はありません。

Using environment variables

環境変数を使用して、Package Manager の設定の一部を行うことができます。しかし、これらの設定を適用するためには、毎回これらの環境変数が定義され、エクスポートされるターミナルやコマンドプロンプトから Unity や Hub を起動する必要があります。

For example, you can run these commands in a macOS or Linux terminal to configure the location of the global cache root and enable the Git LFS cache:

# On macOS/Linux:
export UPM_CACHE_ROOT=/dev/ssd/shared/Unity/cache
export UPM_ENABLE_GIT_LFS_CACHE=true
echo "Launching Unity with the Git LFS cache enabled and using this global cache location: '$UPM_CACHE_ROOT'"
"/Applications/Unity Hub.app/Contents/MacOS/Unity Hub"

This Windows example configures the locations of both the global cache root and the Git LFS cache:

# On Windows:
set UPM_CACHE_ROOT=%ALLUSERSPROFILE%\Unity\cache
set UPM_GIT_LFS_CACHE_PATH=%ALLUSERSPROFILE%\repos\caches\lfs
echo "Launching Unity with this global cache location: '%UPM_CACHE_ROOT%'"
echo "... and this Git LFS cache location: '%UPM_GIT_LFS_CACHE_PATH%'"
"C:\Program Files\Unity Hub\Unity Hub.exe"

以下の環境変数が使用できます。

環境変数 説明
UPM_CACHE_ROOT Specify the location of the global cache (the root folder containing the registry data and uncompressed packages caches).
UPM_NPM_CACHE_PATH Package Manager がパッケージのメタデータと .tgz ファイルを保存する場所への絶対パスを指定します。デフォルトでは、グローバルキャッシュルートの下にある npm サブフォルダーです。
UPM_CACHE_PATH Package Manager がパッケージ .tgz ファイルの圧縮されていないコンテンツを保存する場所の絶対パスを指定します。デフォルトでは、グローバルキャッシュルートの下にある packages サブフォルダーです。
UPM_ENABLE_GIT_LFS_CACHE Specify any value except empty ("") to enable the Git LFS cache. By default, Package Manager uses the git-lfs subfolder under the global cache root, unless you specify a different path using the UPM_GIT_LFS_CACHE_PATH environment variable.
UPM_GIT_LFS_CACHE_PATH Package Manager が Git LFS キャッシュ を保存する場所の絶対パスを指定します。このパスを設定することにより、自動的に Git LFS キャッシュは有効になります。

Configuration files

Package Manager は 2 つのコンフィギュレーションファイルをサポートしています。グローバルコンフィギュレーションファイルとユーザーコンフィギュレーションファイルです。これらのファイルはどちらも、TOML 形式を使用しており、異なる場所に表示されます。

  • グローバル コンフィギュレーションファイルは、マシン上のすべてのユーザーに適用されます。例えば、マシン全体のプロキシサーバーを設定する際に、追加の SSL 認証局 を定義することができます。
  • ユーザー コンフィギュレーションファイルは、1 人のユーザーに適用されます。例えば、認証トークン を設定して、スコープ付きレジストリでアクセスするカスタムパッケージのレジストリサーバーに使用します。これらのトークンは、特定のユーザーアカウントを認証します。

Global configuration file location

Package Manager は、upmconfig.toml という名前のグローバルコンフィギュレーションファイルを使用しています。

環境 場所
Windows %ALLUSERSPROFILE%\Unity\config\upmconfig.toml
macOS と Linux /etc/upmconfig.toml

User configuration file location

Package Manager は、.upmconfig.toml という名前のユーザーコンフィギュレーションファイルを使用します。

環境 場所
Windows (ユーザーアカウント) %USERPROFILE%\.upmconfig.toml (例えば、C:\Users\myusername\.upmconfig.toml)
Windows (システムユーザーアカウント) %ALLUSERSPROFILE%Unity\\Config\ServiceAccounts\.upmconfig.toml (例えば、C:ussers\Public\Unityconfig\ServiceAccounts\.upmconfig.toml)
macOS と Linux ~/.upmconfig.toml (例えば、/Users/myusername/.upmconfig.toml)




  • グローバルキャッシュルートの設定は、Unity 2021.2 では Package Manager コンフィギュレーションファイルでサポートされるようになりましたNewIn20212
スコープ付きレジストリ認証
Package Manager ウィンドウ
Copyright © 2020 Unity Technologies
优美缔软件(上海)有限公司 版权所有
"Unity"、Unity 徽标及其他 Unity 商标是 Unity Technologies 或其附属机构在美国及其他地区的商标或注册商标。其他名称或品牌是其各自所有者的商标。
公安部备案号:
31010902002961