Version: 2019.2
Accessing package Assets
依存関係

プロジェクトマニフェスト

When Unity loads a Project, the Unity Package Manager reads the Project manifest so that it can compute a list of which packages to load. When a user installs or uninstalls a package through the Package Manager window, the Package Manager stores those changes in the Project manifest file. The Project manifest file manages the list of packages through the dependencies object.

In addition, the Project manifest serves as a configuration file for the Package Manager. It stores the location of one or more package registries. For Git packages, it also provides a lock object defining a commit hash and revision number to guarantee that the Package Manager always installs exactly the same dependencies.

You can find the Project manifest file, called manifest.json, in the Packages folder under the root folder of your Unity Project. Like the package manifest file, the Project manifest file uses JSON (JavaScript Object Notation) syntax.

属性

All attributes are optional. However, if your Project manifest file does not contain any values, the Package Manager window doesn’t load, and the Package Manager doesn’t load any packages.

TIP: At any time, you can fix any problems with your registry by choosing Reset packages to defaults from the main Unity Help menu. However, be aware that this action resets all changes you made to the packages in your Project so it is best to use this strategy as a last resort.

Key JSON 型 説明
dependencies オブジェクト プロジェクトで利用可能なパッケージのリスト。マニフェストのこのエントリは、マップ構造を使用して、プロジェクトに必要なバージョンに関連付けられたパッケージ名を列挙します。

サポートされているすべてのスキームの詳細な概要については、依存関係のセクションを参照してください。

ノート: このリストには、間接的な依存関係 (他のパッケージが必要とするパッケージ) は含まれていません。
registry 文字列 Unity Package Manager のメインレジストリの URL。これにより、デフォルトのレジストリ URL (https://packages.unity.com) がオーバーライドされます。

ノート: デフォルトのレジストリを独自のレジストリでオーバーライドすると、公式の Unity のパッケージにアクセスできなくなります。代わりに、独自のパッケージのプライベートコレクションを Unity パッケージライブラリに加えて拡張したい場合は、scopedRegistries 属性を設定してスコープ付きレジストリを使用します 。
scopedRegistries オブジェクトの配列 デフォルトのレジストリに加えて、カスタムのレジストリを指定します。これにより、独自のパッケージをホストすることができます。

詳細はスコープ付きレジストリを参照してください。
lock オブジェクト コミットハッシュと選択したリビジョンを持つ Git パッケージを示します。Package Manager はこの属性を自動的に更新します。これにより、Package Manager がまったく同じ依存関係をインストールすることを保証します。

この属性は Git パッケージ用に予約されていますが、将来、他の機能が決定論的なパッケージバージョン解決を保証するために使用する可能性があります。
testables 文字列の配列 Lists the package names that you want to include in the Unity Test Framework. For more information, see Adding tests to a package.

プロジェクトマニフェストの例

{
  "registry": "https://my.registry.com",
  "scopedRegistries": [{
    "name": "My internal registry",
    "url": "https://my.internal.registry.com",
    "scopes": [
      "com.company"
    ]
  }],
  "dependencies": {
    "com.unity.package-1": "1.0.0",
    "com.unity.package-2": "2.0.0",
    "com.unity.package-3": "3.0.0",
    "com.unity.my-local-package": "file:/path/to/com.unity.my-local-package",
    "com.unity.my-git-package": "https://my.repository/my-package.git#v1.2.3"
  },
  "lock": {
    "com.unity.my-git-package": {
       "hash": "9e72f9d5a6a3dadc38d813d8399e1b0e86781a49",
       "revision": "v1.2.3"
    }
  },
  "testables": [ "com.unity.package-1", "com.unity.package-2" ]
}
Accessing package Assets
依存関係
Copyright © 2020 Unity Technologies
优美缔软件(上海)有限公司 版权所有
"Unity"、Unity 徽标及其他 Unity 商标是 Unity Technologies 或其附属机构在美国及其他地区的商标或注册商标。其他名称或品牌是其各自所有者的商标。
公安部备案号:
31010902002961