Version: 2021.3
Building your WebGL application
Distribution size and code stripping

Reduce load times with AssetBundles

As all your Asset data must be pre-downloaded before your content starts, you should consider moving Assets out of your main data files and into AssetBundles. This way, you can create a small loader Scene for your content which loads quickly. It then dynamically loads Assets on-demand as the user proceeds through your content. AssetBundles also help with Asset data memory management: You can unload Asset data from memory for Assets that you don’t need any more by calling AssetBundle.Unload.

The following considerations apply when using AssetBundles on the WebGL platform:

  • When you use class types in your AssetBundle which are not used in your main build, Unity may strip the code for those classes from the build. This can cause a fail when trying to load Assets from the AssetBundle. Use BuildPlayerOptions.assetBundleManifestPath to fix that, or see the section on [Distribution size and code stripping](webgl-distribution size-codestripping.md), below, for other options.

  • WebGL はスレッドをサポートしていませんが、http ダウンロードはダウンロードが終了したときにのみ利用可能になります。このため、Unity WebGL ビルドはダウンロードが完了した時にメインスレッド上のアセットバンドルデータを解凍してメインスレッドをブロックする必要があります。この中断を回避するために、LZMA アセットバンドル圧縮 は WebGL 上のアセットバンドルでは使用できません。アセットバンドルは、代わりに LZ4 を使用して圧縮されます。これは、オンデマンドで非常に効率的に解凍されます。 LZ4 よりも小さい圧縮サイズが必要な場合は、Webサーバーを設定して、アセットバンドルで (LZ4圧縮に加えて) gzip または Brotli 圧縮 を使用可能にできます。これを行う方法について詳しくは、圧縮ビルドの展開 を参照してください。

  • WebGL では、UnityWebRequestAssetBundle.GetAssetBundle による AssetBundle のキャッシュをサポートしています。このメソッドは、ブラウザーの IndexedDB API を使用してユーザーのデバイスにキャッシュを保存します。ブラウザーによっては IndexedDB のサポートが制限されている場合があり、またどのブラウザーでもディスクにデータを保存する際にユーザーの承認を求める場合があります。詳細については、WebGL ブラウザーの互換性 を参照してください。

Building your WebGL application
Distribution size and code stripping
Copyright © 2020 Unity Technologies
优美缔软件(上海)有限公司 版权所有
"Unity"、Unity 徽标及其他 Unity 商标是 Unity Technologies 或其附属机构在美国及其他地区的商标或注册商标。其他名称或品牌是其各自所有者的商标。
公安部备案号:
31010902002961